2016年09月27日

地域包括ケアの講習会

皆さん、雨の日が長く続きましたがいかがお
過ごしでしたか。教員の松村です。

 さて皆さんの中で「地域包括ケア」や「機能
訓練指導員」なる言葉を聞いたことがある方
は多いと思います。あまし師や柔整師では業
務に携わっている先生方もいらっしゃるでしょ
う。チーム医療なる言葉もよく聞きますよね。

 それに関わる評価について去る6月15日と
8月3日に私が学術担当理事として関わる、
公益社団法人埼玉県鍼灸師会春日部支部と
一般社団法人春日部鍼灸マッサージ師会合
同企画で講習会をしました。
 6月は関節可動域測定と反射検査、8月は
徒手筋力検査と脳卒中の評価について実施
しましたが現場の先生方は真剣に受講され
ていました。

P6102950.JPG
肩屈曲の可動域測定

P6102956.JPG
回外の可動域測定

P6102965.JPG
膝蓋腱反射の増強法


 チーム医療では多くのスタッフが関わりま
すが、共通の評価や情報で患者様を共有し
同じ目標に向かって治療しなければならな
いですが、参加者の真剣さはその必要性を
感じさせるものでした。

 次回は10月19日(水)の19:30から2時
間で日常生活動作(ADL)について講習し
ます。

 また春日部鍼灸師会や春日部鍼灸マッサ
ージ師会のHPがあります。会の活動の一
部分が紹介されていますので検索してみて
ください。

posted by 常木陽太郎 at 17:49| ご挨拶