2016年03月11日

卒前臨床講座最終日!(その1)

こんにちは。湯浅です。
いよいよ卒前臨床講座の最終日を
ご紹介します。

この日は本校中医学教員の
双璧をなす2人が登場します。

まず1コマ目。
本校中医学教員の双璧の1人、
小直幹先生による講座です。

座学.JPG

タイトルは「腰痛と肩こり」。  

卒後、現場で遭遇しやすい症状について
臨床現場でも活躍している先生から
その方法論、技術を見せていただきました。

まず腰痛や肩こりの鍼灸治療につながる
「診方」を全体説明。
その後、会場から症状がある人を募り、
実際に治療してもらいました。

石丸触診.JPG

あれ?気付けば4日間の講座で
ほぼ全部実技体験済の石丸さん!
頸肩こりを訴えていました。

石丸手技.JPG

丹念に押圧しながら
症状が軽くなるツボを探し、刺鍼。
それだけでも効果が見られますが、
更に鍼に手技を加え、動かします。

鍼の即効性に慣れているためか、
リアクションが薄目ですが、
すっかりコリがとれたようです。 


続いて頸肩こりと腰痛に悩む宮部さん。

宮部触診.JPG

動きを診つつ、症状が取れる箇所を
丁寧に触診してコリを取っていきます。

なんと! 目の周囲への刺鍼で、
頸の後ろのコリが取れたり・・・なんていう
離れ技もご披露いただけました。

宮部顏刺鍼.JPG


鍼灸の勉強をしていると、理解できる
現象ではあります。 

さすがに臨床の場にも身を置いている
先生らしく、普段の授業では伝えられない
「現場の鍼灸師」としての言葉を
教員らしいクリアな形で聞かせてくれました。

学生の皆さん!
ぜひ先生をお手本に良い施術者を目指して
下さい。




posted by 常木陽太郎 at 16:36| 日記

2016年03月09日

卒前臨床講座3日目!(その2)

さてさて、続けていきましょう。


卒前臨床講座3日目の2コマ目は、
本校柔道整復科の片桐秀樹先生による
講演です。

板書.JPG

骨や関節へのアプローチと言えば、
柔道整復師(いわゆる接骨)の先生の専売特許。
ですが、私たち鍼灸・マッサージ師だって
いつ外傷の患者さんに出くわすか分かりません。

ということで!
片桐秀樹先生のご登場というわけです。

テーマは、
「小児の外傷
 〜関節へのアプローチとテーピング〜」
         

前半は、お子さんに多い「肘内障」
(いわゆる「腕がぬけた」状態)への対処を
緊急的に行わなくてはならない想定で
お話しいただきました。

先生の説明・実演後は、お互いに練習!

あかりん.JPG



  あかりんこと
  あかりちゃんは
  吉田先生の
  肘を借りて練習?









先生も皆さんの間を回り個別指導します。

肘机間巡視.JPG


後半は私たち施術者の手のケアにも関わる
手首の調整法。
モデルはまたもや石丸さん。

手首実演.JPG

今日はまさに「ごちそうぜめ」ですね。



手首机間巡視.JPG

お互いの練習を先生がチェックした後、
テーピングの練習も行いました。

テーピング.JPG

身近だけど案外知らない柔道整復の技術。
学生の皆さんも、とても勉強になった講座
だったろうと思います。


講座の様子は、片桐先生ご本人も
柔整科ブログでお書きになりますので、
そちらもチェックしてみてくださいねー。





posted by 常木陽太郎 at 14:00| 日記

卒前臨床講座3日目!(その1)

おはようございます!
卒前臨床講座3日目、
引き続き、湯浅が報告します。

二十四節気の「啓蟄」を翌日に控えた3日目。
その1コマ目はキャリアセンター企画で、
「株式会社APキュア」の 池田真理子先生
お招きしました。

座学.JPG

講演タイトルは・・・

鍼灸治療と指圧治療のコラボレーション
  〜株式会社APキュアの伝統的な
             鍼灸治療について〜


池田先生は、10年ほど前に本校の教員を
務められていました。
そのご縁もあって今回の企画実現の運びと
なりました。


まずはキャリアセンター長、山先生の
号令からスタート。

山師挨拶.JPG

先生が所属するAPキュアグループは、
新卒の施術者を3年で独立まで導くための
カリキュラムを備えた、面倒見の良い
環境を持っているとのことです。

卒業したての施術者が
独力で一人前に育っていくことの困難など、
臨床にまつわるリアルなお話しの後、
会場からモデルを募り、治療の実際を
お示しいただきました。

モデルに選ばれたのは、「マルさん」こと
卒業を間近に控えた石丸さん。

身体の状態を聞き、眼で診て、手で触れて
病態を把握する池田先生。

身体診察.JPG

その後に展開した治療も実に鮮やかでした。

刺鍼.JPG


手技.JPG

本校に所属していたころから大変優秀で、
私も尊敬する先生のひとりだったのですが、
ますます磨きがかかったようで、
私も大変勉強させていただいた90分でした。


 ※ (株)APキュアは、東京の青梅方面で
    展開しているグループです。
    お近くの方、興味を持たれた方は、
    ぜひ こちら からチェックしてみてください。


さてさて、この日はこれでまだ半分。
2コマめの講座のお話は、また改めて・・・。










posted by 常木陽太郎 at 09:59| 日記