2018年06月04日

全日本鍼灸学会に参加しました

こんにちは、医療科教員の谷です。


先日2日(土)・3日(日)に、
大阪で全日本鍼灸学会がありました。
今年は私は発表がありませんので、
本校関係者の方々が頑張っているところを
レポートします。

IMG_0839.JPG

今回の大会は、森ノ宮医療大学さんと
ホテルハイアットリージェンシー大阪の
2会場開催でした。
上の写真は、森ノ宮医療大学の入口。
ここではポスター発表が行われました。

IMG_0840.JPG

 ↑ 本校卒業生の鷲野先生。

発表直前に最後のチェック中。緊張感漂います。
発表後には実験の方法などで専門の先生方と
深い議論をされていました。

IMG_0842.JPG

 ↑ 本講講師の梶間先生。

「医療接遇」をテーマにしたご発表でした。
養成科学生時代と変わらない丁寧な質疑応答が
印象的でした。

IMG_0845.JPG

 ↑ 本校専任教員の吉田先生、登場!
  (パワポの人物は、平川信代 前理事長!)

吉田先生は主催者から依頼を受けての発表です。
指定演題は論じることが難しいお題でしたが、
平易に還元して聴衆に訴求する内容でした。

皆さん、お疲れ様でした!



学会は、勉強会と違って見るだけが勉強では
ありません。
発表を通じて参加者と検討や議論を重ねて、
多くの発見を得て日々の仕事に活かします。

私は今回、聴衆として見聞きするだけでしたが、
いろいろと発表者の方々に質問したりし
テーマを一緒に検討することができました。
その中で得た発表者の意気込みを、
自分の気力に変換して、今度は授業などの場で
学生に提供できればと思っています。

以上、医療科の谷による学会レポートでした。


posted by 常木陽太郎 at 14:06| ご挨拶