2018年07月10日

7.16授業見学会 予告編






みなさんこんにちは。教員の湯浅です。
今日は7月10日(火)。

来週16日(月)の海の日に行なわれる
授業見学会(こちら)に関わる先生方を
レポートしました。


まずは当日、13:30〜の医療科の授業。
2年生本科2組のはり実技【経絡】を担当する
仙田先生からご紹介します。

現在、同授業では「60分で治療を完遂する」
ことを目的に行なっているそうです。
学生たちの「2年生時点での治療の実際」を
当日はご覧いただけます。

仙田先生からメッセージ。
「学生たちの、鍼を打つ時の所作に注目して
ください」
・・・とのことです。

1.jpg


仙田先生は「施術時は集中して行うこと」を
常日頃から指導しているとのこと。
どんな指導が見られるか、楽しみですね。

写真で先生が手にしているのは、
「銅ポインター」という道具。
治療にも使っているそうです。

ちなみに、写真後ろに写っているのは
当日、学科の授業を担当する吉田先生。
先日は学会でも発表してましたね(こちら)。




そしてもう一つの授業は!
同じく2年本科の1組のはり実技【特殊】。
担当の私、湯浅です。


2.jpg


7月から9月にかけて行なう授業の第1回目
となります。
仙田先生の授業が学期末にかけて完成に
向かうのに対して、私が指導する初回授業が
どんな感じなのかを見ていただければと
思います。




更に、14:30〜の柔道整復科の授業は、
講師の先生による「解剖学」の授業です。
人体の基礎をしっかり学ぶ必要のある科目で、
学生にとっては最初の試練・・・かも。

1年生の授業なので、
「入学したらこんなことを勉強するんだなぁ」
・・・というイメージを持ってもらえると
思います。


来校者の皆さんを案内するのは
柔道整復科の橘先生。


3.jpg



橘先生曰く、
「柔道整復は身体の構造を知ることを通して
正常な骨・関節の位置を知ることがベースに
なります。正常が分かるからこそ、骨折など
による骨の異常に気付き、正常な位置へと
復することができます。解剖学はその基盤
となる科目です」
・・・だそうです。重要度が分かりますね!



当日の受付は、医療科の見学は13:00から、
柔道整復科の見学は14:00からです。
どちらも1時間ほどの見学後には、校舎案内や
個別相談を予定しています。
トータル2時間ほどのプログラムです。



みなさん是非、お越しください。
教職員一同、お待ちしています!!
ご予約は こちら です!








posted by 常木陽太郎 at 16:46| 学校説明会情報