2018年10月27日

ゆあ散歩 〜土曜日を歩く〜







みなさん、こんにちは。教員の湯浅です。

授業中の叫びからスタートの本日、
10月27日(土)。読書週間の始まりです
写真は「ポリモーダル受容器!」と
叫んでいます。

0 絶叫白黒.jpg

そういえば、土曜日に外出していないな
・・・と思い立ちました。


裏の道路。

1 裏.jpg


新大橋通りを行きます。
土曜とはいえ、それにしても人が少ない。

2 新大橋通り.jpg



しばらく出ない間に街路樹も色づいています。

3 街路樹.jpg


さくら通りとの交差点。


4 さくら通り交差点.jpg



さくら通りも静か。

5 さくら通り.jpg



新大橋通りを茅場町まで来ました。

6 茅場町.jpg


さらに進むと、ドトールが出来ていました。
八丁堀駅側にもありますが、これは便利。

7 ドトール.jpg


余談ですが先日発刊の雑誌「鍼灸OSAKA」
(こちら)130号で、当校養成科(こちら)の
橋本先生がおっしゃっていました。


「お昼のスタバには脾虚の女性が、
  ドトールには肝虚の男性が多い。」
・・・とのことです。
東洋医学を勉強すると、「なるほど!」
となるご指摘。

肝虚かどうかわかりませんが、
私も中に入って買ってみました。

8 買ってみた.jpg



永代通りへ入ります。

9 永代通り.jpg


暫く来ないうちに「ドラッグイレブン」なる
お店が。

10 ドラッグイレブン.jpg

JR九州グループらしいです。
Tポイントたまります。


11 JR九州グループ.jpg


平成通りに入りました。

12 平成通り.jpg


阪本小学校です。

かつて隣に公園があったものの
紆余曲折あり、仮設校舎のグランド
となって以降すっかり来ていません
でした。

13 阪本小学校.jpg


しかし土曜は終日開放とのこと。
ついに正門の扉が開くゥ!!

14 扉を開けた.jpg

景色はこんな感じです。


15 景色.jpg



そして阪本小学校の入口。


16 阪本小入口.jpg



城東小学校の入口です。

17 城東小入口.jpg


え? なんで小学校がふたつ? 
ナ・ラ・ン・デ・ル?

実は、校舎建て替えの間、両校合同で
仮設校舎を使用中です。
私はかれこれ2年前くらいから見守って
きました。

アンティークな水道。
「この水は飲めません」と貼り紙があるものの、
柵で囲われていてどうやっても飲みようがない
ですね。

18 水道.jpg



遊び相手のいない鉄棒たちです。

19 鉄棒.jpg


校舎は遠目にこんな感じでした。

20 校舎.jpg



しばしベンチに腰かけてコーヒーを
すすりました。

21 コーヒーすする.jpg


人もいないせいか広々とした印象でした。


22 木々.jpg


逆上がりができない人はぜひ使いたいグッズ。

23 逆上がり.jpg



さっき「正門の扉が開くゥ!」と興奮したものの
横が普通に開いてました。
あ、裏も開いていました。

24 開いてた.jpg



なんて言うのか知りませんが、
こんなものまで用意してくれてます。
靴の裏の土が落とせるアレ、ですね。

25出口.jpg


帰り道、校舎前のすずらん通り。
幅員減少。

26 すずらん.jpg



電線類を地中化するそうです。
個人的には電柱はどこかノスタルジックで
好きなんですが、なくなって困るのは
私と犬くらいでしょう。

27 電線埋設.jpg

歩きなれた空間ではありますが、
土曜日と言う異なる時間を
歩くことで、また違った空気がありました。
満足な昼休みでした。


























posted by 常木陽太郎 at 14:55| 日記

2018年10月16日

学術大会参加!! そして…

みなさんお久しぶりです!! 
事務局員 兼 教員の坂口です!!

坂口@.jpg

今日は仙田先生と坂口で顧問を務める
「東洋医学研究会」の活動報告を
掲載していきたいと思います。


「東洋医学研究会」、ご存知ですか?
本校の学生サークルのひとつです。
主な活動は、「はり・きゅう・あん摩を
始めとした東洋医学の研究!!」。
学生の間から研究活動を行う、志高き
サークルです。


そんな東洋医学研究会の活動の集大成が、
「東洋療法学校協会 学術大会」です!
これまでもこのブログで何度かご紹介
していますよね?
今年も各学校の学生による研究発表の場、
「学術大会」が開催されました。

本年は、日本鍼灸理療専門学校さんが
世話役となり東京都北区の「北とぴあ」が
会場でした。
開催地が都内ということもあって、
本校本科・専科の学生は全員出席です!
一大イベントとして、学術大会当日を
迎えました。

発表の形式は2つ。
舞台上で口頭発表する形式と
ポスターを掲示して発表する形式が
あります。

今回のポスター発表の担当は、
研究会の頼れる部長・ドウモトさん。
口頭発表の大舞台に立つのは、
いつもにこやか副部長・アミモトさん。
もちろん研究自体は、学年を超えた
メンバーで作り上げたものですが、
発表は2人が頑張ります。

今年度の東洋医学研究会のテーマは、
「はり・きゅうが視力・聴力といった
 五感に及ぼす影響」について研究・
検討を行うことでした。
それに基づいた2人の発表はこちら!

ドウモトさんの発表!
『商陽穴への温熱刺激が聴力に及ぼす
 影響について
 ーセラミック電気温灸器CQ5000を
 用いた検討ー』

アミモトさんの発表!
『円皮鍼が視力に及ぼす影響
 ー合谷穴への円皮鍼が視力に及ぼす
 影響についてー』

きゅうで耳がよく聞こえるようになる?
はりで目がよく見えるようになる?

そんな素朴な疑問を解決するために、
半年間以上の長きにわたり実験と検討を
繰り返してきた結果を発表する日が、
学術大会なのです!!

学術大会当日の朝。
まずは部長のドウモトさんの発表の主役
であるポスターを定位置に設営。
そして、研究会メンバーで記念撮影!

写真 2018-10-05 10 42 04.jpg

記念撮影のあとは、発表に向けて
円陣を組んで士気を高めます!!

写真 2018-10-05 10 46 54.jpg

ポスター発表は掲示したポスターの前で
観覧者からの研究に対する疑問について
回答していくものです。
研究を牽引してきたドウモトさん、
質問に対し明確な回答をしていきます!

写真 2018-10-05 12 14 58.jpg

口頭発表はスライド発表と質疑応答を
行う形式で、合計12分も壇上で頑張る
必要があります。
アミモトさん、大ホールにて堂々たる
発表を繰り広げていきます。

写真 2018-10-05 14 00 44.jpg
(右側がアミモトさん、左はサポートのオオシマさんです)

2人の発表が無事終了!
ほっとひと息ついた頃に閉会式が。

閉会式では、各学校による全発表から、
優れた発表に対する表彰が行われます。
さて、今回の発表の演題総数は?
  • ポスター発表:27演題
  • 口頭発表:12演題
…という数の多さ!
このうち、ポスター発表から6演題、
口頭発表から3演題が表彰されます。
ドキドキ…


本年度の結果は…?

・・・
・・・
部長のドウモトさんのポスター発表が
「医歯薬出版賞」を受賞しました!!!!!!!
やったー!!!!!!!!!!!!!!!!


ドウモトさん、そして東洋医学研究会の
メンバーの活動が評価されたことが
顧問としても個人としても本当に本当に
嬉しかったです!!

写真 2018-10-05 14 57 22.jpg
(指導教員の仙田先生と部長のドウモトさん)

惜しくも受賞には至りませんでしたが、
アミモトさんも2年生でありながら
口頭発表を行うという快挙を達成!!
1年半足らずの研究参加期間を経て、
公の場で堂々と発表する副部長の姿は、
とても頼もしく映りましたよ!!

結果として、今回の学術大会は大成功に
終わりました!!

最後に芳野校長を含め記念撮影を。

写真 2018-10-05 16 02 14.jpg

素晴らしい活躍を見せた東洋医学研究会の
メンバーに心からの拍手を送りたいです!!

東洋医学研究会は来年度の発表に向けて、
既に新たな活動を開始しています。
来年度また素晴らしい報告ができるよう。
そして東洋医学の効果の科学的根拠を
積み上げていくためにも。
東洋医学研究会は、これからも活動を
続けていきます!!


posted by 常木陽太郎 at 14:08| 日記

2018年10月06日

赤十字救命講習会を開催しました

医療科教員の谷です。

今回は毎年恒例の赤十字救命講習会が
日本赤十字東京都支部のご協力により
先日開催されましたので、その様子を
レポートいたします。

IMG_20180928_094250.jpg
↑写真は座学の風景ですが、
 すぐに実習となり・・・


IMG_20180928_102742.jpg
↑こんなかんじで4時間通して
 実習が行われました。


国家試験を控えて勉強漬けの3年生も、
この日は実習、実習…で、ずっと体を
動かし続けています。




ところで、なぜ卒業前に救命講習を?

それは、私たち「はり師」「きゅう師」
「あん摩マッサージ指圧師」には、
開業が可能だからです。

治療院の院長となって、万が一!
患者さんの体調が急変した時、
病院搬送までの間、患者さんの命を
つなぐのは誰でしょう?

それは、私たちなのです。

なので、
IMG_20180928_123045.jpg
みなさん真剣に実習がんばっています。

「上良し!」「下良し!」なんて周囲確認の
掛け声も恥ずかしがったりしません。
毎年、この風景を見るたびに…

「もうすぐ卒業して臨床の場に立つんだ。
 みんな一人前の医療従事者っぽいなぁ」

…と、感慨深いものを感じます(涙)。




以上、救命講習会のレポートでした。
posted by 常木陽太郎 at 17:15| ご挨拶