2019年05月22日

時間旅行 〜校舎篇〜






みなさん、こんにちは。教員の湯浅です。
今日は5月22日(水)。

個人的にはこの時期に思い出すのが
7年前の昨日、2012年の5月21日(月)の金環食。

こんな金環食を歌ったのがドリカムの
「時間旅行」。29年前、1990年のリリースです。
ちなみに7年前の今日は東京スカイツリーの開業日です。
校舎近くの亀島橋からのスカイツリー。

亀島橋からスカイツリー.jpg

さて、今回は本歌取り的タイトルで、当校の昔(といっても
私が知り得る限りの昔なので最近の話と感じる方もあるでしょう)
を振り返りたいと思います。

いつもの空間移動的な散歩ではなく時間移動ですね。


まずは当校で絶対語られるべき人物。
先代理事長、平川信代先生(写真中央)。
2009年の卒業式の撮影です。
「吉田流あん摩」のアイコン的存在です。
ちなみに写真右は現校長の芳野光子先生、
左は現教務推進役の殿村先生です。

1 H21卒業式理事長.JPG

こちらは八丁堀2丁目にあった旧校舎。
残念ながら校舎全景を収めた写真がなく、
入口の写真。
現在の地域交流マッサージの前身
「敬老マッサージ」の日の画像です。
撮影は2005年の9月。

2 H17旧校舎.JPG



画像サイズが小さくちゃんと見えるか
わかりませんが、旧校舎地下1階。

3 H20.2.14 地下1F廊下.JPG

そこの水治療室。洗濯機などもありました。

4 H20.2.14地下1F水治療室.JPG


こちらは校舎2階。すでに現校舎への引っ越しが済んだ
2008年の撮影なので、不使用の階は消灯しています。
理事長室・保健室と1年専科・介護福祉科の教室がありました。

5 H20.2.14 2F廊下.JPG

3階の画像。1年本科の教室と大教室・あん摩指圧の部屋がありました。


6 H20.2.14 3F廊下.JPG


4階です。2年専科の教室と実技室・・・・

7 H20.2.14 4F廊下.JPG



そして喫煙所がありました。

8 H20.2.14 4F喫煙所.JPG

4階までの旧館と教室のある8階建ての新館が
廊下でつながった校舎でした。

そして私も知らない、さらに以前の校舎がこちら。
その後は「平川治療院」として長らく、多くの方々の
健康に寄与してきましたが、2年前の
10月末日をもって閉院しています。

8.5H21平川.JPG

現在の跡地の様子。

8.6.jpg


そして吉田流の祖、吉田久庵の墓参の際に碑の前で
撮影したのがこの画像。2009年の撮影です。
新川の先生方もいますが、うちの先生方はみつけられますか?

9 H21吉田記念碑.JPG


さて、現校舎にも稼働開始の2006年からの歩みがあります。
まずは当時の1階の様子。
受付が今よりすごく後ろにあるのです。お気づきでしょうか?

10 H18エントランス広め.jpg

今月15日撮影の画像と比較。

11 現在エントランス.jpg

そして中に入るとより明らか。2006年当時。

12 エントランス中.JPG



現在。


13.1.jpg


そのまま進むと、今の柔道場ですが。
かつては扉を開けると・・・・・

13.2.jpg

なんと医療科の臨床実習室!

15 H18臨実入口中から.jpg


写真の扉は現在そのまま柔道場の扉に。


15.5.jpg


施術スペースの画像。

16 H18臨実施術スペース.jpg



こちらが患者さんの入口。
どこにつながってるかって?


16.2 H18臨実患者入口.jpg



なんと駐車スペースの「開かずの扉」は
その名残りなのです。

17 もと臨実トビラ.jpg


そして当時の図書室。
あまり変化はありませんが、手前の書架が
ガラガラ。少しずつ蔵書を増やし、今に至ります。
ちなみに司書席にいるのは若い時の私みたいです。

18 H18図書室.jpg



当時の7階実技室。施術ワゴンの廃綿・廃鍼入れが
ポリなのがダサカッコいいです。
ってか単純にダサいですね。

19 H18実技室.JPG


現在は金属製でスッキリしました。


20実技室.jpg


9階の基礎医学室の当時。

21 H18基礎医学.jpg


これも旧校舎からの引っ越し当時、
教職員で色々設置しました。
もういない先生もいますが、
誰が誰だかわかりますか?

22 H18 0512働く男たち.jpg



現在はこんな感じ。より充実。


22 現在901.jpg


柔整の授業の関係でこんな器具も。
わがサークル、SATでも使用可能の予定ですが、
写真の貼り紙通り、現在は「使用禁止」。
6月からの稼働予定です。

23 現在901.jpg

・・・と校舎を中心にした時間旅行でした。
次回は「人」を中心にお送りしたいです。




posted by 常木陽太郎 at 13:55| 日記