2020年09月03日

ゆあ散歩に動画を導入できるか?問題





みなさん、こんにちは。教員の湯浅です。
今日は9月3日(木)。
さて、夏休み前から職員室にコバエが発生。
捕えるために用意したコバエ取り。
放送コードに引っかかりそうなので中は
お見せできませんが、まあまあの収穫。

1 コバエ取.jpg


先日届いた荷物。

2 荷物.jpg


中身はこんな感じ。


3 中身.jpg


これ、医学生が縫合や注射の練習に使う
人工皮膚パッドだそうです。
1年生の学生さんから、「鍼の練習に良いと
3年生の先輩から聞いた」と教えてもらいました。

4 人口皮膚.jpg




当校の教材としては人体刺鍼の前に
こんな練習器に鍼を打って練習しますが・・・

5 練習機.jpg


いかんせん布製で人間の皮膚の質感とは違います。
比べて人工皮膚パッドはこの弾力性。


6 弾力.jpg


実際に鍼を打ってみました。

7 打つ.jpg


刺入してみます。

8 刺入.jpg



これくらい入れてみました。


9 完了.jpg



人体と感覚的に同じか?というと・・・
まあ違いますな。
しかしながら、押手の圧を極端に偏らせると
このように真っすぐ打ったつもりが斜めに
なってしまいます。


10 斜刺.jpg




この辺は従来の練習器より優れていると感じます。
また人工皮膚パッドも複数の商品が出ているようなので
ピンキリあるでしょう。もしかしてキリだったか?
ともかく練習に関しては当事者の学生さんの
方がはるかに考えているのでしょう。
面白いものを教えてもらいました。

それから、昼食後に出かけてみました。
新大橋通りと鍛冶橋通りの交差点。


11 新大橋通り 鍛冶橋.jpg


今日は雨雲と青空のせめぎ合い。
どっちが勝っても暑いことに
変わりはありません。


12 せめぎ合い.jpg



交差点の看板。「ランチ」が書けてない!
お笑い芸人ナイツみたいになってます。

13 rンチ.jpg



今日は今後の散歩活動に動画要素を
取り込めないか、とデジタルムービーカメラを携帯。
ゆあ散歩倶楽部もコロナで活動自粛中。通常と
異なる形での運営を模索しようというわけです。

13.5 カメラ.jpg



また、そんなもん持ち歩いてたら露骨に怪しいので
問いただされた時用に名刺も携帯。


13.jpg

着いた先は桜川公園。
もう落ち葉が目立ち始めていました。
まだ、東京の真ん中でクマゼミの声が聴けますが、
確実に秋の足音が近づいていますね。


14 桜川公園.jpg



なるべく通行人を避けて撮影。


15 桜川公園.jpg



ブランコがあります。
特になにもかき立てられず、動画撮影はなし。


16 ブランコ.jpg


結局ブラブラして八丁堀2丁目29-15まで来ました。
旧校舎の住所だから覚えています。


17 マンション.jpg



何度か登場、旧校舎跡地のマンション。
三角形の土地に建っています。

18 旧校舎.jpg



亀島橋からスカイツリーを撮影。
これも人通りが途切れるまで
ちょっと待ちました。
東京は人が多いですね。


19 スカイツリー.jpg


亀島川。写真や動画ではこの川の生臭さは
良くも悪くも伝わりませんね。

20 亀島川.jpg


・・・と動画を導入しようにもアイデアが浮かびませんが
模索は続けていこうと思います。







































posted by 常木陽太郎 at 15:04| 日記