2015年04月21日

お! こんなところに面白そうなものが…

こんにちは、常木陽太郎です。
ようやく雨上がり。ものすごく荒れた天候も
これで一段落だといいですね。

先日、都内の書店に立ち寄った際、
こんな冊子があるのに気付きました・・・「温故知新」?

DSCF2863.JPG


鍼灸関連のフリーペーパーらしいので、いただいてきました。

パッと開いて、最初に驚き!
あれ! うちの先生が発表してるじゃない!

DSCF2866.JPG DSCF2867.JPG


日本東洋医学系物理療法学会の学術大会の記事でした。

私たちの同僚である浅谷先生の講演内容は、
「切皮痛と弾入の関係性に関する研究」
鍼のたわみと切皮痛の関係を、ハイスピードカメラを使って
分析した研究です。すごーい!

・・・と、1枚めくったら、

DSCF2868.JPG


おお、教員養成科の橋本先生!

これは、学校フェイスブックの方でもご報告した
「経絡治療学会記念学術大会」でのワンショットでした。
橋本先生は、大会の教育講演を行ないました。
(学校FBは こちら )

他にも、様々な現場で活躍する鍼灸師の記事が満載です。

東日本大震災の被災地における鍼灸ボランティア活動、
ガン患者に対する代替医療としての鍼灸のあり方、
海外の海をめぐる豪華客船で働く鍼灸師の話 ・・・などなど。

あ、食事に関する記事も。「医食同元」って言うもんね。

DSCF2869.JPG


あれ? この先生は・・・

DSCF2870.JPG


私たちの学校の卒業生でした! びっくり〜。
内田先生、お元気そうで何よりです。

当校の関係者が掲載されてるから・・・というわけではなく、
鍼灸の道、東洋医学の道にある者ならば、
手に取って、一読してみる価値のある冊子だと思いました。

これが、フリーペーパーとは!
ただただ驚きまくりです。

せっかくだから、Webサイト も紹介してあげようかしらん。

すごいものを手に入れたわー!と
みんなに教えてあげようと思って学校に来たら、

・・・なんと、既に図書室においてありました、とさ。
ぎゃふん(ふるっ!)

全国の多くの鍼灸学校に置いてあるとのこと。
また都内では、一部書店にもおいてあるようです。
私はたまたまそれを見つけたのだと分かりました。


いろいろな形で鍼灸の最新情報を得ることはできるのですね。
伝統医学である一方、現代社会でも活きる東洋医学。
いま学びの真っ最中にある学生の皆さんも、
これから入学を考えている皆さんも、
そして既に臨床の現場で活躍する卒業生の皆さんも、
アンテナをしっかり張って、みずから貪欲に
情報を集めていきたいものですね。


アンテナの代わりに百会に鍼一本立てて
頭をすっきりさせながら仕事するかー!

それでは、今日は自分の百会にぃぃ(ではご唱和願います)、
いっぽぉぉぉん!



※ この記事中の写真につきましては、冊子の発行元である
 株式会社ロムテック メディカル事業部様の許諾を頂戴
 しました。この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。












posted by 常木陽太郎 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/121746889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック